ホーム > きょうこさもなきこと > 遠い海の記憶

KSブログ

きょうこさもなきこと

遠い海の記憶

生命は海から産まれた・・・
幼い頃に学んだ最初の生物学的な知識は、ストンと自分の中でとっても腑に落ちた記憶があります。
「だから、涙も汗もしょっぱいんだ」
「だから、赤ちゃんもお腹の中でお水に浮いてても大丈夫なのね」って・・

普段は森や山の方が好きなのに、原始の記憶がそうさせるのか時たま
無性に海が見たくなることがあります。
先日も鎌倉で紫陽花を見てお参りを済ませてから、稲村ケ崎の海岸の方へ。。
ちょっと肌にからみつく潮風に吹かれて、遥か彼方の水平線をぼーっとながめながら
「海もやっぱりいいなーっ」
波乗りしている男の子達の姿に自然とサザンの曲が頭をめぐり(笑)
そばにいた中学生の女の子たちの「ずっと向こうはどこ?ハワイ?オーストラリアじゃない?」
っていうおしゃべりも、なんかいいなぁって!

暑い一日だったので、ビールや生しらすも美味しくいただき♬お腹も心もいっぱいになりました!

夕陽が江の島のシルエットを映し出す頃、江ノ電に揺られて帰路に・・・
海の記憶を呼び覚まして心がざわざわしたら、また来るね!!